ネットで情報を集める|鳩による被害の対策と駆除|ハチの脅威について知る
男女

鳩による被害の対策と駆除|ハチの脅威について知る

ネットで情報を集める

悩む女の人

不安な人はネットで情報を収集しましょう

アシナガバチは日本に11種が生息していて、よく見かける身近なハチです。4〜6月頃から女王蜂が巣を作り始め、7〜8月には働き蜂が増えて最盛期になります。しかし、10月頃には新しく誕生した女王蜂以外は死んでしまい、巣も役目を終えて、次年度に使用されることはありません。 アシナガバチはスズメバチに比べて、攻撃性の低いハチですので、市販の薬剤などでも比較的簡単に駆除することができます。しかし、リスクがまったく無いというわけではないので、不安な人は専門の業者に相談してみましょう。駆除の専門業者では24時間対応などのサービスを行っていることもありますので、すぐに問い合わせることが可能です。ネット上で情報を集めることができます。

それほど凶暴ではないですが注意が必要です

アシナガバチは普段はおとなしい性質で、樹木につくケムシなどの害虫を捕ってくれる益虫としての面もあります。もし、巣を発見しても生活に影響がない場所なら、駆除する必要はありません。そのままそっとしておきましょう。 どうしても身に危険を感じるほど、巣が人の生活圏に近い場合は駆除を検討する必要が出てきます。アシナガバチは毒性が低いと言われていますが、刺されればアナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、注意が必要となります。 ハチといっても一概に凶暴で恐ろしい生物ということではありません。ただ、駆除する場合はどうしても攻撃性が増しているので、慣れていない人や不安がある場合は、とにかく一度専門業者に相談してみるのが良いでしょう。